生きがい支援協会
悠悠ライフ
ホームへ
ニュース
生きがい支援協会とは
インターネット便利帳
良書出版サポートサービス
介護や健康についてのご相談
退職後に役立つサポートプラン
生活情報誌「悠悠ライフ」のご紹介
被災地の学校・図書館・

ボランティア活動
ホーム > 趣味を楽しむ > 絵手紙を楽しむ > 最新情報
絵手紙を楽しむ
絵手紙を楽しむ 絵手紙作品展
<選評>描くことに感じられる「生きがい」と「願い」   選者 田仲敦三
 
 心温まるすばらしい作品が数多く出品され、見せて頂く私どもにとっては、うれしい限りです。今年もテクニックの優れた作品が多く、年々向上しているように思います。
 想いをそのまま素直に表現された好感のもてる作品や、絵手紙を描くことが、まさに「生きがい」になっていると感じられる作品など、楽しく拝見させて頂きました。
 表現の仕方にも種々ジャンルがありますから、出来るだけ特徴的な表現方法を大切にしながら選考させて頂きま した。ただ、今回は多くの命を奪った東日本大震災、それにともなう原発事故などにかかわる作品が多く見られ、 心をひかれました。中でも原発事故は、広島、長崎、第五福竜丸など体験している日本人にとって、あらためて、考えねばならない大きな問題だと言わねばなりません。
 入賞作の中に、雨のめぐみと放射線(能)について描かれている作品があり、「きのこ」の絵が墨(死の灰の色でしょうか?)で表現されています。当時の新型爆弾ピカドンのきのこ雲が連想され、雨を表現したのでしょうか水滴がいくつか描かれていますが、私は水を求めて息をひきとっていった被爆者への鎮魂の水のように見えました。繰り返してはならないとの反戦、反核への強い願いが感じられ、全世界70億人への絵手紙としてとらえました。
 戦争を知っているからこそ描ける平和への願い、人生経験が豊富であるが故に描ける幸せへの表現、あるいは日常生活での感動や発見など、今後も色々な描き方に挑戦しながら、絵も文字も楽しく一枚でも多く描いて欲しいと思います。そして絵手紙を描く人も受け取る人も、希望や勇気を与え合えるお互いの元気人生応援歌になればと思います。

 第11回全国退職教職員「絵手紙展」入賞作品(クリックすると拡大します)
奈良 中谷悦子(74)
新潟 佐藤敏(76)
長野 榊原幹枝(68)
奈良 中谷悦子(74) 新潟 佐藤敏(76) 長野 榊原幹枝(68)
長崎 首藤栄(80)
北海道 西内久美子(65)
佐賀 宗俊朗(71)
長崎 首藤栄(80) 北海道 西内久美子(65) 佐賀 宗俊朗(71)
岩手 千葉昌吉(80)
三重 吉田不二(84)
三重 高西悦子(74)
岩手 千葉昌吉(80) 三重 吉田不二(84)

三重 西悦子(74)

新潟 安田悦子(75)
徳島 吉田裕子(71)
宮城 内海とし子(80)
新潟 安田悦子(75) 徳島 吉田裕子(71) 宮城 内海とし子(80)
群馬 川島道子(79)
山形 小竹郁弥(72)
千葉 布施昌一(84)
群馬 川島道子(79) 山形 小竹郁弥(72) 千葉 布施昌一(84)
茨城 飛田美智子(63)
鹿児島 松井紀美子(71)
沖縄 赤嶺幸雄(75)
茨城 飛田美智子(63) 鹿児島 松井紀美子(71) 沖縄 赤嶺幸雄(75)
 
愛知 山田仁延(72)
秋田 鈴木憲夫(80)
  愛知 山田仁延(72) 秋田 鈴木憲夫(80)
■入賞された方には後日、賞状・記念品・作品集(2月発行予定)を進呈いたします■
▲TOPへ
         
ホーム > 趣味を楽しむ > 絵手紙を楽しむ > 最新情報
  戻る     著作権