生きがい支援協会
悠悠ライフ
ホームへ
ニュース
生きがい支援協会とは
インターネット便利帳
良書出版サポートサービス
介護や健康についてのご相談
退職後に役立つサポートプラン
生活情報誌「悠悠ライフ」のご紹介
ホーム > 趣味を楽しむ > 絵手紙を楽しむ > 最新情報
絵手紙を楽しむ
絵手紙を楽しむ 絵手紙作品展
<選評>表現しづらいテーマにも挑戦を   選者 田仲敦三
 
 政権交代が、私達年金生活者にとって、どうなるのか。教育現場にどんな影響があるのか。とりわけ子供達の教育保障はどうか。永年続いた自民党政権にストップをかけた国民の選択は、生かされるのか。心配と期待の政治状態だと思います。こんな時だけに、今回は、政権交代にかかわっての思いや願いが、数多くあるのではと、少々期待をしていましたが、殆ど見られず、例年のように、日頃の生活での出来事や、健康、孫の成長を願う作品などが多く見られました。身近な物を題材に、常に描かれているからだろうと思いますが、絵画としては表現しづらいですが政治や世の中の動きを、とらえた作品にも挑戦して見るのも一つの方法です。
 さて今回の作品は、毎年続けて出品されている方や、何枚もまとめて出品された方も、おられ充実した内容の良い作品が多く見られました。作品を制作するにあたっての思いや日頃の生活など説明書きをして頂いた方が多かったのですが、しっかり読ませて頂いて選考の参考にさせて頂きました。出品者の中には90才に近い方もおられて感心させられました。作品全体の感想を申し上げますと、皆さん丁寧にうまくきれいに描こうとする気持ちが強すぎて、絵が固くなっている作品が多いように思われました。もっと大胆に、筆数少なく楽しみながら表現すれば、訴える力も強くなり、生き生きとした作品になると思います。描く技術も大切ですが、それよりも自分の思いや願い・感動をどれだけ紙面にぶつけるか、だと思います。描いた人の感動が、葉書を受け取った方に共感を呼ぶようにしたいものです。元気よく大きく、大胆に描くには、指先や手首を動かして描くというよりも、背すじを伸ばして肘を動かして描く気持ちでやって見てはいかがでしょうか。その方が線が生きてくると思います。趣味を楽しむことは健康にも良いことです。
 いつまでもがんばってください。

 第9回全国退職教職員「絵手紙展」入賞作品(クリックすると拡大します)
三重 平田啓子(66)
広島 村上富士子(78)
熊本 松本博司(70)
三重 平田啓子(66) 広島 村上富士子(78) 熊本 松本博司(70)
秋田 鈴木憲夫(78)
茨城 武井律子(76)
静岡 河原崎香代(78)
秋田 鈴木憲夫(78) 茨城 武井律子(76) 静岡 河原崎香代(75)
長野 荻原儀久(78)
神奈川 西山純江(63)
熊本 志牟田康子(70)
長野 荻原儀久(78) 神奈川 西山純江(63) 熊本 志牟田康子(70)
神奈川 田端邦雄(82)
愛知 熊澤園子(76)
新潟 村上朝一(73)
神奈川 田畑邦雄(82) 愛知 熊澤園子(76) 新潟 村上朝一(73)
長野 石井宏子(71)
長野 深谷酋雄(76)
千葉 布施昌一(82)
長野 石井宏子(71) 長野 深谷酋雄(76) 千葉 布施昌一(82)
佐賀 宗俊朗(69)
大分 中間京子(75)
福島 青山圭子(74)
佐賀 宗俊朗(69) 大分 中間京子(75) 福島 青山圭子(74)
 
岩手 冨田喜平司(76)
群馬 川島道子(77)
  岩手 冨田喜平司(76) 群馬 川島道子(77)
■入賞された方には後日、賞状・記念品・作品集(2月発行予定)を進呈いたします■
▲TOPへ
         
ホーム > 趣味を楽しむ > 絵手紙を楽しむ > 最新情報
  戻る     著作権