生きがい支援協会
悠悠ライフ
ホームへ
生きがい支援協会とは
インターネット便利帳
趣味を楽しむ
良書出版サポートサービス
介護や健康についてのご相談
退職後に役立つサポートプラン
生活情報誌「悠悠ライフ」のご紹介
被災地の学校・図書館・

ボランティア活動
ホーム > NEWS > NEWS2019-06-04
NEWS
 
三・一独立運動100周年記念 特別企画
― ソウルへの旅 ―
朝鮮・中国侵略のきっかけになった日露戦争の実態をこの目で学ぶ参加者を募集します!!
  日退教は、2014年度から東アジア海外研修の旅を実施してきました。第1回は西安へ11名、第2回は朝鮮侵略学習に38名、第3回は731部隊や平頂山虐殺記念館、撫順の監獄へ46名、第4回は旅順・203高地などへ44名、そして昨年の第5回は蘆溝橋や南京虐殺記念館、慰安所旧跡陳列館へ50名で訪ね学習を深めてきました。
 第5回で終了する予定でしたが、これまでの参加者から強い要望があり、19年度は特別企画として下記の海外研修旅行を実施します。
 第2回では「ナヌムの家」(元日本軍の慰安婦にされたハルモニたちが生活している家)が工事中のため訪問できなかったこと、昨年の南北首脳会談で一躍脚光を浴びた板門店(軍事境界線)、そして日本の植民地支配に対する1919年3月1日の独立闘争から100年目という状況を踏まえての実施です。
日 程
(案)

月日

出発地、都市

主な見学場所
10/7(月) 羽田 9:45発、
関空 11:10発
タプコル公園と仁寺洞(自由行動)
3・1独立運動発祥の地
10/8(火) Aグループ:明成皇后忌辰祭、西大門刑務所(独立運動家らが獄死)
Bグループ:板門店、帰らざる橋

日本人48名が朝鮮王朝の皇后を殺害してから124年目の法要
38度線、平和の家、本会議室など

10/9(水)

ナヌムの家
羽田18:35着、関空19:30着

日本軍「慰安婦」歴史館

グループの分け方
A第2回(2015年)に不参加の人は、明成皇后の法要に参加してください。
B:第2回に参加した人を対象とします。
1.募集定員 40名
2.費  用 11〜12万円(使用空港、グループで若干異なります)
3.申し込み @返信用封筒(A4三つ折りの入る封筒に82円切手添付)を入れて、下記に資料請求して下さい。正式な申込用紙・詳しい日程・見学場所の概要を送ります。
A申込用紙に必要事項を記入のうえ、パスポートコピーと一緒に申し込んでください。(申し込んだ人には詳細な金額をお知らせします)

4.締め切り

6月15日必着

資料請求先
〒101-0003 千代田区一ツ橋2-6-2 日本教育会館5F
日退教事務局(担当:松淵 昂)
FAX 03−5275−2081 Email : matsubuchi2@gmail.com
 
         
ホーム > NEWS > NEWS2019-06-04
  戻る     著作権