生きがい支援協会
悠悠ライフ
ホームへ
生きがい支援協会とは
インターネット便利帳
趣味を楽しむ
良書出版サポートサービス
介護や健康についてのご相談
退職後に役立つサポートプラン
生活情報誌「悠悠ライフ」のご紹介
被災地の学校・図書館・
ホーム > NEWS >NEWS2011-07-04
NEWS
東日本大震災の被災者・被災地への積極的な教育ボランティアを
 2011年3月11日の東日本大震災では、東北3県を中心に広い地域で住宅や生活インフラが破壊され、児童・生徒をはじめ多くの方々が逝去され、幼稚園、小・中・高校の校舎も甚大な被害を受ける未曾有の大災害となりました。復興に向け、国をあげての官民一体となった取り組みがなされ、また国内外の多くのボランティアの皆さんが被災地の皆さんとともに復興に汗を流しています。被災地全地域の全面的な早期復興を望み、私たちも2011年秋から『悠悠ライフ』読者の退職教職員の皆様に独自の支援として、被災地の子ども達に贈る学習図書・児童図書・教育図書・一般教養図書の拠出をお願いして希望図書を寄贈する「被災地に図書を送る事業」と、全国各地に避難した子ども達への学習援助、生活支援等の広い教育支援のご協力をお願いしてまいりました。  復興には、継続的な取り組みが必要です。本年度(2013年度)も継続して、下記の要領でのご協力をお願いします。

1.

被災地の子ども達への学習図書・児童図書・教師用図書・一般教養図書の寄贈作業。
図書の拠出は2013年3月をもって募集を終了いたしました。 拠出くださいました皆様に心より御礼申し上げます。


2. 被災地から避難してきた子ども達への学習援助や生活支援等の広い教育支援。 お近くの教育委員会、学校、施設、県教組に出向き、確認して取り組んでください。



         
ホーム > NEWS >NEWS2011-07-04
  戻る     著作権